本番に最大限力を出すにはには( ´Д`)y━・~~

2015年 4月 22日 

練習する時から
目標を持って取り組み
もー限界というところで
もう一踏ん張りして
やっていく。

そうすると自力が
鍛えられて
以前だったら出来なかった事が
出来るようになるのではないかと
思います。

例えば
腕立てを30回。
これが限界だとします。
腕がプルプルしてもう上がらん~
というところで
もう半回でも良いからやってみる。
できたら一回と自分に負荷を
かけていきます。
と、慣れれば
また回数は増えていきます。

体は慣れますからね、
あ、思考もか。
良くも悪くも慣れていきます。

運動をやってる子に
方に
他の方でも言われるか?

〝自分でケアするには
どうしたら良いでしょうか?〟

ゆ〝意識しないでください、
意識した瞬間にその部分が
硬くなりますので。〟

〝そうなんですか?〟

ゆ〝そうなんです。
じゃ頭にイメージしてくださいね。
ほら、硬くなったでしょ?〟

こればっかりは
体感してもらわないとわかりません。
是非体感してもらいたいんですよね。
体ってこんなもんか?
を知って欲しいんですよ。

頭が思ったら、
体はその通りにならないと‼
と真面目に反応します。

ですので、
それをやめてもらいたいと
思います。

じゃ柔らかいー
痛くないーと
考えれば良いですか?
って思うと思います。

これもちょい違うんです。
痛くないの反対には痛いが
あります。
表裏一体ですので、
恐怖痛みが張り付いてます。

理想は無意識に出来てた‼
なってた
です。
そういえば
こうやったら痛かったのに、
痛くない‼

これが良いんです。
こうなる為には
体の感覚をしっかり
感じ取る事かと思ってます。

痛い
だるい
違和感がある
などあったらなるべく早く
調整しませんか?

まだ大丈夫って言ってるうちに
更に痛めまっせ。

» カテゴリ: 院長ブログ

Comments

コメントを書く




たちばな治療院院長がつづる日記です。
ただの日記ではありません。
院長ゆきなりの想いをここでお伝えしていきます。
  • 院長ブログ カレンダー

      12月 2021
      « 11月    
       12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ